作詞・作曲 Fr.山口

世界が 憎しみあっているなら 僕らが 愛し合おうじゃないか
国々が 戦争ばかりしているなら 僕らが 和解をもたらそう

宗教が 分裂しているところで 僕らは 一つになっていこう
家族が 疑いあったとしても 僕らが 信じてみせるから

慰められるより 慰めることを
愛されるよりも 愛して行きたい

平和の人に 僕らがなれるように
自分自身を捨てるなら 本当の自分に出会う

慰められるより 慰めることを
愛されるよりも 愛して行きたい

平和の人に 僕らがなれるように
人のために活きるなら 永遠の命を得る


ノアの箱舟

日々の生活の中で、争いや虐待、自殺など悲惨な情報が次々に入ってきます。

世界中で起きていることに対してなんと自分は無力で、ちっぴけなことか・・・。

それでも、一度きりの人生、ちっぽけでも潔く尊く生きたい!という気持ちが湧いてきました。

自分なりにそれをどのように具体的にしていくのかを考え、祈っていた時に、この「平和の歌」ができました。

この歌を充分に生きているとは決していえません。

ただ、このように生きたい!という望みは自分のものです。

この歌はいつまでも自分に挑戦してくるでしょう。

充分満足できたと言える人生を歩みたいものです。

おすすめの記事